Webhook機能β

システム内で発生したイベントの通知を、
HTTP経由の外部URLで受け取る仕組み(webhook)をご用意しています。

Webhookとは

例えば下記のようなイベントを、
あなたが指定したURLへ必要な情報を付けて通知することができます。

申込みの支払いが完了した時 提供サービスにユーザー登録を行い、メールで案内したいなど
定期課金が失敗したとき 提供サービスを停止したいなど
定期課金の契約がキャンセルされたとき 提供サービスを停止したいなど

 

実現できること

あなたの会員サイトシステムや、販売ツールにでも、
支払状況に応じた利用制限などの機能をもらせることができます。

外部メール配信システムへの読者登録の自動化も可能。

イベントの種類

イベント 解説
顧客の作成 お客様が新たに登録されたときに発生するイベントです。
顧客の変更 お客様情報が更新されたときに発生するイベントです。
顧客の削除 登録されているお客様情報が削除されたときに発生するイベントです。
申込受付 申し込みが登録されたときのイベントです。
同時に支払いがある場合は、下記の有効化イベントも同時に発生します。
有効化時 申し込みが有効になったときのイベントです。通常は支払いが行われた時に有効となります。
キャンセル時 申込みがキャンセルされたときのイベントです。
支払いの成功 支払いが正常に完了した際のイベントです。
支払いの失敗 支払いが失敗した時のイベントです。
通常の支払いの他、定期課金の失敗時にも発生します。
支払い(請求)の更新 登録されている支払い(請求)情報が更新されたときのイベントです。
請求金額の変更や、着金されていたものを未着金と変更した際などに発生します。
支払いの返金 決済を取り消ししたときのイベントです。
支払い(請求)のキャンセル 支払い(請求)を何らかの理由で、取り消す場合のイベントです。
定期課金の作成 定期課金が契約が作成されたときのイベントです。
通常は申込み受付と同時に発生します。
定期課金の有効化 定期課金が契約が有効化されたときのイベントです。
通常は申込みの有効化と同時に発生します。
定期課金の更新 定期課金が無事に契約更新されたときのイベントです。定期課金の支払いが完了した際に発生します。
定期課金の変更 定期課金の情報が変更された時のイベントです。
次回課金日の変更、課金額など変更した際に発生します。
定期課金のキャンセル 定期課金契約がキャンセルされたときのイベントです。
定期課金の停止 定期課金の状態が停止とされた時のイベントです。
規定回数の課金に失敗するか、管理者による停止で発生します。
定期課金の再開 定期課金が停止状態から、有効に変わった時のイベントです。

 

導入方法

サポートチームがすべて設定いたします。

御社のご相談いただきながら決めていただけます。
より良い方法などもご提案させていただきますので、ご安心ください。

 

はくにゃん
詳しいことは、サポートの人に聞いたほうが早いよ